カテゴリー
ダイエット

炭水化物抜きダイエット

炭水化物を抜くダイエットで-10キロに成功しました!抜くといっても、完全に抜くわけではなくて、夜だけ米を抜きます。

また、なるべく早い時間に夕飯を済ませ、お腹が少し空いている状態で寝ます。そうすると、朝にはお腹が空いているので、すっきり目覚めることができるし、朝ご飯もしっかり食べられます。また、ルールとして、朝ご飯は何を食べてもOK!です。

なので、夜にケーキなどを我慢したら明日の朝食べる!という風にしていると、朝自然に目が覚めます。

朝から甘いものを食べると胃が持たれそうですが、意外と慣れてきたら大丈夫です。

朝は、その後の運動や活動でカロリーを消費するので、わりとなにを食べても太りません。なので、夜だけ食べたいものを我慢し、その分のストレスがたまらないように朝に好きな物を食べるといったバランスのとり方をお勧めします。また、炭水化物は抜きますが、その他の食べ物の制限はとくにありません。野菜やお肉はどれだけ食べてもOKです。

また、朝においしいものを食べると、自然と体を動かしたくなるので、日常生活の中でもなるべく体を動かします。(階段を使ったりなど)そうすることで、ストレスもなく自然に体重が落ちていきました!

カテゴリー
ダイエット

月曜断食でアラフォー主婦が?4キロを実現。食べたいものを食べながら体重コントロールができる魔法のダイエット

今まで体重が落ちなかったアラフォー主婦でしたが、月曜断食を開始したら無理なく体重が4キロほど落ちました。

これって夢か??と思うくらい、辛くなく簡単に体重コントロールができたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

始めたきっかけは、やはり食事制限がダイエットのカギだと思い、ネットで検索していると出てきたキーワード「月曜断食」。

気になり調べていると、週に1日だけ断食をする方法でだということで、これなら私にもできるかもと思い始めました。

週一の断食は、月曜日だけでなく、生活スタイルに合わせて何曜日にスタートしてもOK。

私の場合は、週末に外食することが多かったので、月曜日に断食をしました。

断食当日は、朝起きてまずは白湯を一杯飲みます。

その後は白湯飲で過ごしますが、どうしてもコーヒーを止めることができず、1日に2杯ほどブラックコーヒーを飲んでいました。

利尿作用もあるので、できれば白湯だけで過ごすのがベストですが、飲めないことでストレスになるなら、少しくらい飲んでも大丈夫。(自己流です)

断食を行った翌日は、ヨーグルトにフルーツを入れたお腹に優しい朝食を取っていました。

それから数ヶ月、食べ過ぎたなという日の翌日は、夜の食事をサラダのみにするなど自己管理ができるようになり、一年だった今でも?4キロをキープ。

お酒も楽しめる月曜断食、週1回の断食を一生続けるのは私には無理ですが、自己管理ができるようになった月曜断食は、今では出会えてよかったなと思っています。

カテゴリー
ダイエット

禁断のポテチダイエット!

これは私が3年ほど前にやっていたダイエット方法です。

ちょっと無理があるやり方ではあるかと思いますが、しっかり効果はありました。

まず、このダイエットをやっていた当時の私の状況ですが、20代の後半の頃で、妻と暮しておりました。

職業柄家に帰るのが遅く、夜中の1時ごろに夕食を摂り、30分もしないうちにベッドに入る。というような生活でした。

その様な生活サイクルを繰り返していたので、元々どちらかと言えば痩せ型の私がでしたが、体重も60キロを超えてきて、ちょっとまずいなーと思っていた頃でした。

妻が出産前で里帰りするという事もあり、独身時代以来の一人暮らしを1ヶ月半ほどする事となりました。

そうだ、せっかく独りになったんやし、ちょっと体重落とせる様に頑張ってみよーかなと思いました。

最初に思ったのが、断食でした。

単純に何も食べなかったら体重落ちるやろ!

という、安易な考えでやってみましたが、

初日はお腹空いたなーぐらいでいけました。

ただ、2日目にはアタマがぼーっとする様になり、

3日目には尋常じゃない倦怠感と、謎の筋肉痛に襲われた為、とりあえず断食は断念しました。笑

うん、せめて何か食べんといかんなーと思い、考えたところ、

思いついたのが、私の好物であるポテトチップスでした!

あ、ポテトチップスやったら1袋食べても100gも無いから太らへんのちゃう?

という、カロリーではなく、重さで考えてみるという如何にも浅はかな考えではありましたが。笑

もともと、朝食は摂っておらず、昼食は仕事が落ち着いていれば摂り、夜にしっかり食べるという1日1食の生活サイクルだったので、

その1食をポテトチップスにする事にしてみました。

これが意外と耐えられるんです。

炭酸水、ビールはいくら飲んでもオッケー!

でも1日で食べるのは、仕事帰りにコンビニで買って帰るポテトチップスを1袋だけ!

という自分ルールを作ってやってみました。

炭酸水も口寂しさが紛れるし、ビールも炭酸入ってるからお腹膨れるし、ポテトチップスもコンビニ行ったら色んな味があるし、

甘いものを食べるより塩っ気があるから、食事してる感もあるし。

何より口にして良いものを縛るというのが、

ストイックな事してるなー、みたいな自己満足感も得られるので、続けていくと段々と楽しくもなってきました。

そんな生活を約1カ月半ほど続け、

妻が出産を終え、家に帰ってきた時には、

約60キロあった体重は52キロまで落ちていました!

体重を落とすという観点だけで言えば実際に効果が有りましたが、

健康面で考えるのであれば、あまりオススメは致しません!笑

カテゴリー
ダイエット

豆腐ダイエットで10キロ減!

ダイエットに関する情報は、世の中に溢れています・・。

痩せるドリンク、ストレッチ、断食、ダイエットに関する本や雑誌の特集は毎月のように目にします。

ダイエットをしたい!と思いつつ、どんなダイエットをするのか決めることがダイエットの第一歩であると言えると思います。

私がタイトルの豆腐ダイエットに挑戦したのは、単に豆腐が好きだから!です。

食べ物を駆使したダイエットは数多くありますが、私が感じたのは好きなものでないと続かない、ということです。

私が実行した豆腐ダイエットはシンプルなもので、夕食の白米の代わりに豆腐を一丁食べる、かつ、豆腐を食べ終わってから他の物を食べる!という内容です。

毎食すべてを豆腐のみにしたり、極端に食事を制限することはしませんでした。

夕食時にまず豆腐を一丁食べることで、かなりの満腹感が得られます。

その後、入るだけのおかずやサラダなどを食べるようにしていました。

豆腐も食べ方を変えつつ、飽きのこないよう工夫して、2年ほどで10キロ減を達成することができました!

豆腐ダイエット自体の効果は、それぞれにあると思いますが、食事ダイエットを行う上で気を付けたいと感じたいのが以下の2点です。

「元々好きなもの(苦ではないもの)で行うこと」と「飽きの来ない工夫ができるものにすること」です。

毎日の食事ですから、嫌いなもの、あまり食べないものは絶対に続きません。

そして、同じ食べ方しかできないものも必ず飽きます。

それらを考慮すると、長い期間継続することができ、ダイエットの効果が得られやすいと思います!ぜひお試しください!